コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆黄金虫 マメコガネ

デジタル大辞泉の解説

まめ‐こがね【豆黄虫】

コガネムシ科の昆虫。体長約1センチ、卵形で、光沢のある黒緑色。成虫は大豆・ブドウ・クリなど多種の植物の葉を食害する。幼虫は土中にすみ、根を食害。大正5年(1916)ごろ日本から北アメリカに侵入、大発生し、ジャパニーズビートル(Japanese beetle)とよばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まめこがね【豆黄金虫】

コガネムシの一種。体長約1センチメートル。頭部と胸部は暗緑色で金属光沢があり、上ばねは黄褐色。幼虫は各種植物の根を食害し、成虫はマメ類・ブドウなどの葉を食う。日本全土に分布。二〇世紀初期にアメリカに侵入、増殖して大害を起こし、ジャパニーズ-ビートルとして知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

豆黄金虫の関連キーワードコガネムシビートル金属光沢マメ類黄褐色暗緑色頭部大害分布胸部ばね

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android