コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊名賀造酒太夫(初代) とよなが みきたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊名賀造酒太夫(初代) とよなが-みきたゆう

?-1783 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
常磐津(ときわず)節の初代常磐津文字太夫の弟子。明和6年同門の常磐津志妻太夫らと家元をはなれ,豊名賀姓を名のる。安永8年豊名賀富士太夫に2代をゆずり,文賀と称した。天明3年死去。初名は宮古路造酒太夫。前名は常磐津造酒太夫(初代)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊名賀造酒太夫(初代)の関連キーワード天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥浅間山