コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川 良平 トヨカワ リョウヘイ

20世紀日本人名事典の解説

豊川 良平
トヨカワ リョウヘイ

明治期の実業家 三菱銀行頭取。



生年
嘉永5年1月16日(1852年)

没年
大正9(1920)年6月12日

出生地
土佐国(高知県)

旧姓(旧名)
小野 春弥(オノ ハルヤ)

学歴〔年〕
慶応義塾〔明治8年〕卒

経歴
明治3年豊臣・徳川・張良・陳平の1字ずつをとって豊川良平と名乗る。13年犬養毅と「東海経済新報」を創刊、一方いとこの岩崎弥太郎が設立した三菱商業学校、明治義塾などの経営にあたる。22年三菱傘下の第百十九銀行頭取に就任、28年三菱合資会社銀行部創設に伴い同部支配人・部長をつとめ、三菱銀行の基礎を作る。43年三菱合資管事。大正2年に引退するまで三菱財閥の中枢として活躍。この間、銀行倶楽部委員長、東京手形交換所委員長などを歴任。大正期に入ると東京市議として市政刷新運動に参加、5年勅選貴院議員となった。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

豊川 良平
トヨカワ リョウヘイ


肩書
貴院議員(勅選),三菱銀行頭取

旧名・旧姓
別名=小野 春弥(オノ ハルヤ)

生年月日
嘉永5年1月16日(1852年)

出生地
土佐国(高知県)

学歴
慶応義塾〔明治8年〕卒

経歴
明治3年豊臣・徳川・張良・陳平の1字ずつをとって豊川良平と名乗る。13年犬養毅と「東海経済新報」を創刊、一方いとこの岩崎弥太郎が設立した三菱商業学校、明治義塾などの経営にあたる。22年三菱傘下の第百十九銀行頭取に就任、28年三菱合資会社銀行部創設に伴い同部支配人・部長をつとめ、三菱銀行の基礎を作る。43年三菱合資管事。大正2年に引退するまで三菱財閥の中枢として活躍。この間、銀行倶楽部委員長、東京手形交換所委員長などを歴任。大正期に入ると東京市議として市政刷新運動に参加、5年勅選貴院議員となった。

没年月日
大正9年6月12日

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone