コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳平 ちんぺい Chen Ping; Ch`ên P`ing

4件 の用語解説(陳平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳平
ちんぺい
Chen Ping; Ch`ên P`ing

[生]?
[没]文帝2(前178)
中国,漢代の政治家。陽武,戸いう (河南省蘭考県) の人。郷里にあっては貧しかったが信望あり,秦末の反乱に際し,初め魏王および項羽に従い,のち劉邦 (→高祖) に仕えて漢の統一に功を立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちん‐ぺい【陳平】

[?~前178]中国、前漢初期の政治家。陽武(河南省)の人。諡(おくりな)は献侯。漢の高祖(劉邦)に仕え、恵帝のとき左丞相となり、周勃(しゅうぼつ)と力を合わせて呂氏の乱を平定した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぺい【陳平 Chén Píng】

?‐前178
中国,漢初の功臣。陽武(河南省原陽県付近)の人。貧農の家に育ったが読書を好み,みずからは労働しないで兄に扶養されていたという。陳勝が挙兵すると,初め魏咎(ぎきゆう)に仕えたが,讒言(ざんげん)にあって逃れ,項羽の軍に帰属して都尉(副将)に任ぜられた。しかし,ほどなく項羽の怒りをかって再び逃亡,漢に下って劉邦(高祖)の護軍中尉(軍の監察官)となった。項羽と范増の仲を割いて楚軍に打撃を与えるなど,知謀によって漢の勝利に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちんぺい【陳平】

?~前178) 中国、前漢初期の政治家。劉邦(高祖)の統一事業を助け、その死後は、呂氏一族の専横を除いて文帝を擁立、漢王朝の基礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陳平の言及

【黄老】より

…要するに,黄老思想の成立は早くとも戦国末のことであったと考えられる。漢初には,〈黄老の術〉を治道のかなめに用いた曹参や,〈黄帝老子の術〉を愛した陳平など,秦の法術主義の反動として,〈清浄無為〉の政術を標榜する思想が有力なものとして存在した。このような黄老思想は,漢の武帝による儒教一尊体制の確立とともにすがたをけすが,その後〈黄老〉はひろく道家的哲理をさすことばとして用いられたほか,黄帝書は医学のなかに継承され,また後漢代には〈黄老君〉とよばれる神仙的な神格が生まれた。…

※「陳平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陳平の関連キーワード永済渠河南省湯和功臣汴京六韜三略兎園丹江陳勝・呉広

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陳平の関連情報