コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川良平 とよかわりょうへい

6件 の用語解説(豊川良平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊川良平
とよかわりょうへい

[生]嘉永5(1852).1.16. 高知
[没]1920.6.12.
明治~大正期の実業家。旧名,小野春弥。医師の家に生まれ,従弟の岩崎弥太郎のもとで修業し,慶應義塾卒業後,弥太郎の創意により森下岩楠とともに三菱商業学校を創立,1889年三菱商会が第百十九銀行を買収すると頭取に就任,同銀行が 1895年三菱合資会社銀行部 (三菱銀行の前身) に組織されてからはその部長として約 10年間腕をふるって三菱銀行の基礎を築くとともに,1913年に引退するまで三菱財閥の最高責任者の一人として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とよかわ‐りょうへい〔とよかはリヤウヘイ〕【豊川良平】

[1852~1920]実業家。高知の生まれ。本名、小野春弥。岩崎弥太郎の従弟。三菱財閥の基礎を確立。政・財界の重鎮として活躍した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊川良平 とよかわ-りょうへい

1852-1920 明治-大正時代の銀行家。
嘉永(かえい)5年1月生まれ。岩崎弥太郎の従弟。明治13年「東海経済新報」を創刊。22年三菱系の第百十九国立銀行頭取。のち三菱合資の銀行部長をへて43年管事となった。貴族院議員。大正9年6月12日死去。69歳。土佐(高知県)出身。慶応義塾卒。前名は小野春弥。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊川良平

没年:大正9.6.12(1920)
生年:嘉永5.1.16(1852.2.5)
明治期の実業家。三菱財閥の銀行経営者。土佐(高知)藩の蘭方医小野篤治の長男で,岩崎弥太郎の従弟。本名は小野春弥。藩校の致道館を経て慶応義塾を卒業した。明治3(1870)年に豊川良平と改名したが,これは豊臣秀吉,徳川家康,張良,陳平の名を合成したもので,豪傑肌で風変わりな人物として有名であった。早くから岩崎の幕僚となり,三菱商業学校の校主を務め,犬養毅 と共に雑誌『東海経済新報』を創刊して保護主義を主張し,明治義塾を開いて自らも政治活動に熱中した。第百十九国立銀行の頭取を経て28年から三菱合資会社銀行部の支配人,部長になり,融資により東京倉庫,富士瓦斯紡績,猪苗代水力電気,日本窒素肥料の経営にかかわり,これらの企業と三菱財閥との関係を深めた。また銀行集会所副会長,銀行倶楽部委員長,手形交換所委員長にも就任した。多数の人材を三菱に入社させて「人買い」と呼ばれたが,むしろ「三菱の政治・財界部長」が彼の本質であろう。大正2(1913)年三菱合資会社管事を退き,3年に東京市会議員,5年には貴族院議員に勅選された。<参考文献>鵜崎熊吉『豊川良平』

(三島康雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とよかわりょうへい【豊川良平】

1852~1920) 実業家。高知県生まれ。本名、小野春弥。第百十九銀行頭取となって、三菱財閥の発展に尽力。政界・財界の重鎮として活躍した。のち貴族院議員。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊川良平
とよかわりょうへい
(1852―1920)

明治期の三菱(みつびし)財閥の最高幹部の1人。三菱の創設者の岩崎弥太郎(やたろう)の従弟(いとこ)で、高知で育ち、本名を小野春弥という。1875年(明治8)に慶応義塾を卒業し、三菱商業学校の校主として教育に努力し、80年に東海経済新報社を設立し、ドイツ流の保護主義経済政策を主張して「政商三菱」を弁護した。81年に明治義塾を開いて政界に顔が広く、荘田(しょうだ)平五郎、長谷川(はせがわ)芳之助をはじめ、多数の若き俊秀を三菱に入社させた。89年から三菱系の第百十九国立銀行の頭取、95年から三菱合資銀行部長に就任し、融資によって三菱倉庫、富士紡、猪苗代(いなわしろ)水力電気との関係を深めた。1910年(明治43)から13年まで三菱合資の管事に就任し、その後は東京市会議員を4年務めた。[三島康雄]
『鵜崎熊吉著『豊川良平』(1922・伝記刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊川良平の関連キーワード岩崎小弥太安田財閥石黒俊夫井上保次郎岩崎久弥瓜生震加藤武男荘清次郎船田一雄銀行経営

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone