コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞方勝右衛門 さだかた かつえもん

1件 の用語解説(貞方勝右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞方勝右衛門 さだかた-かつえもん

1570-1656 織豊-江戸時代前期の武士。
元亀(げんき)元年生まれ。肥前福江藩(長崎県)藩士。藩主五島純玄(すみはる)の朝鮮出兵にしたがい,しばしば小西行長に賞せられる。2代藩主玄雅(はるまさ)の襲封に際して功があり,3代盛利の代に惣役(家老)となる。大浜主水事件の処理,城下町づくりなど藩政につくした。明暦2年8月13日死去。87歳。本姓は平田。名は雅貞。通称ははじめ甚吉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞方勝右衛門の関連キーワード石山戦争元亀崑山集坂井政尚トルレス利府城森可成長島一揆安積澹泊板倉重宗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone