コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞方勝右衛門 さだかた かつえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞方勝右衛門 さだかた-かつえもん

1570-1656 織豊-江戸時代前期の武士。
元亀(げんき)元年生まれ。肥前福江藩(長崎県)藩士。藩主五島純玄(すみはる)の朝鮮出兵にしたがい,しばしば小西行長に賞せられる。2代藩主玄雅(はるまさ)の襲封に際して功があり,3代盛利の代に惣役(家老)となる。大浜主水事件の処理,城下町づくりなど藩政につくした。明暦2年8月13日死去。87歳。本姓は平田。名は雅貞。通称ははじめ甚吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞方勝右衛門の関連キーワード元亀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android