コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞純親王 さだずみしんのう

2件 の用語解説(貞純親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞純親王 さだずみしんのう

?-916 平安時代前期-中期,清和天皇の皇子。
母は棟貞王(むねさだおう)の娘。貞観(じょうがん)15年親王となる。中務(なかつかさ)卿,兵部(ひょうぶ)卿,上総(かずさ)・常陸(ひたち)・上野(こうずけ)の太守をつとめた。清和源氏の祖である源経基(つねもと)の父とされる。延喜(えんぎ)16年5月7日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

貞純親王

没年:延喜16.5.7(916.6.10)
生年:生年不詳
平安前期の皇族。清和天皇と中務大輔棟貞王の娘の子。没年には異説がある。四品。貞観15(873)年4月親王宣下をうけたあと,中務卿,兵部卿,常陸太守などを歴任。『尊卑分脈』には,人々の夢に,一条大宮の桃園池に住む竜として現れたところから桃園親王と呼ばれたとあるが,これは貞純が竜,すなわち皇位継承者とみられていたことの反映ではなかろうか。篤信家で25歳のとき,諸国に1万3000体の仏像を安置したという話も伝えられる。源能有の娘との間に生まれた経基王は清和源氏の祖とされている。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の貞純親王の言及

【摂津源氏】より

…貞純親王流清和源氏の嫡流。《尊卑分脈》によれば,貞純親王の皇子源経基に満仲・満政ら数子があり,その満仲が摂津守となり,摂津国多田地方に本拠をおいて豪族的武士としての在地支配を開いた。…

※「貞純親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貞純親王の関連キーワード摂政藤原明子王氏皇族会議貞観清和院王氏(1)忠範王棟貞王和気巨範

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貞純親王の関連情報