コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞純親王 さだずみしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞純親王 さだずみしんのう

?-916 平安時代前期-中期,清和天皇の皇子。
母は棟貞王(むねさだおう)の娘。貞観(じょうがん)15年親王となる。中務(なかつかさ),兵部(ひょうぶ)卿,上総(かずさ)・常陸(ひたち)・上野(こうずけ)の太守をつとめた。清和源氏の祖である源経基(つねもと)の父とされる。延喜(えんぎ)16年5月7日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

貞純親王

没年:延喜16.5.7(916.6.10)
生年:生年不詳
平安前期の皇族。清和天皇と中務大輔棟貞王の娘の子。没年には異説がある。四品。貞観15(873)年4月親王宣下をうけたあと,中務卿,兵部卿,常陸太守などを歴任。『尊卑分脈』には,人々の夢に,一条大宮の桃園池に住む竜として現れたところから桃園親王と呼ばれたとあるが,これは貞純が竜,すなわち皇位継承者とみられていたことの反映ではなかろうか。篤信家で25歳のとき,諸国に1万3000体の仏像を安置したという話も伝えられる。能有の娘との間に生まれた経基王は清和源氏の祖とされている。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

貞純親王 (さだずみしんのう)

生年月日:873年3月23日
平安時代前期;中期の清和天皇の皇子
916年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の貞純親王の言及

【摂津源氏】より

…貞純親王流清和源氏の嫡流。《尊卑分脈》によれば,貞純親王の皇子源経基に満仲・満政ら数子があり,その満仲が摂津守となり,摂津国多田地方に本拠をおいて豪族的武士としての在地支配を開いた。…

※「貞純親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貞純親王の関連キーワード源氏(げんじ)摂津源氏生年月日河内源氏六孫王世尊寺天皇中期

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞純親王の関連情報