コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負の遺産 フノイサン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐の‐いさん〔‐ヰサン〕【負の遺産】

相続される遺産に含まれる負債。企業などで、過去の取り決めや事件などによって現在に生じている負担。→レガシーコスト
比喩的に、次世代に押しつけられる未解決の問題。前任者が責任を果たさなかったために、後任者が受ける迷惑。
世界遺産のうち、戦争や虐殺など、人類が犯した過ちの跡をとどめる物件。世界遺産条約に明確な定義はないが、一般にはアウシュビッツビルケナウ強制収容所原爆ドームなどを指していうことが多い。負の文化遺産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

負の遺産の関連キーワードアウシュヴィッツ対アフリカ協力基本方針(日本の)ダークツーリズム・ジャパンアウシュビッツ強制収容所アプラヴァシサブサハラ・アフリカデフレ・スパイラルアイルランド文学プランテーション第一次世界大戦橋本龍太郎内閣デフレーションマルルーニーポーランド史3つの過剰中国婚姻法サッチャー戦争遺跡行政改革猪瀬直樹

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

負の遺産の関連情報