コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負の遺産 フノイサン

1件 の用語解説(負の遺産の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐の‐いさん〔‐ヰサン〕【負の遺産】

相続される遺産に含まれる負債。企業などで、過去の取り決めや事件などによって現在に生じている負担。→レガシーコスト
比喩的に、次世代に押しつけられる未解決の問題。前任者が責任を果たさなかったために、後任者が受ける迷惑。
世界遺産のうち、戦争や虐殺など、人類が犯した過ちの跡をとどめる物件。世界遺産条約に明確な定義はないが、一般にはアウシュビッツビルケナウ強制収容所原爆ドームなどを指していうことが多い。負の文化遺産

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

負の遺産の関連キーワード固定負債他人資本相続分流動負債遺産相続相続債権者被相続人アピゲニンコメ油長期負債

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

負の遺産の関連情報