コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貢院 コウイン

デジタル大辞泉の解説

こう‐いん〔‐ヰン〕【貢院】

中国で、科挙の試験をした場所。また、その建物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こういん【貢院 Gòng yuàn】

中国で,科挙つまり官吏登用試験の試験場。明・清時代には各省の省城と北京に設けられ,3年に1度の郷試と会試の試験の際に使われた。ときには2万人を超す受験者をそれぞれ個室に収容して答案を作成させるために,何百棟もの小屋に天地玄黄などの千字文の名をつけ,それぞれの棟を何十もの小室にしきって字号をつけた。そして中央の明遠楼とよぶ見張台から試験監督官が不正を監視したのである。科挙【礪波 護】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android