コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷試 キョウシ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐し〔キヤウ‐〕【郷試】

中国の科挙の試験段階の一。代の解試代以後の称。3年に一度、各省都で行われ、これに及第すると挙人となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうし【郷試】

中国の科挙の制における第一段階の試験。三年に一回各省都で行われ、これに及第すると挙人となる。元代以後の呼称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の郷試の言及

【科挙】より


[清代の制度]
 科挙の制度は時代が下るとともに形式が完備し,複雑化して清代に至って極まった。本来の科挙は各省で行う郷試,中央礼部が行う会試,最後に天子が宮中で行う殿試の3段階だけであるが,その前に地方学校の生員になるための入試として学校試を受けねばならず,これにも県試,府試,院試の3段階があった。県試は県の長官たる知県が行うもので,5回(5場)の連続した試験で,四書,五経,作詩,作文の力が試される。…

【明】より


[官僚の選抜]
 官僚の選任については,中央に国子監があって官僚養成機関とされたが,これが実質的機能を果たしたのは初期だけであって,やはり科挙に合格した進士が,高級官僚としては圧倒的な地位を占めた。科挙について前代と変わった点は,郷試の受験資格として府州県に置かれた儒学の生員たることが求められ,したがって事実上儒学の入学試験が科挙の第1段階となったことと,地方試験たる郷試の合格者に与えられる挙人が固定した資格となり,進士に合格するのを待たず,挙人の資格で官界に入る者が出てきたことである。官庁事務を実際に扱うのは,多数の胥吏(しより)であって,彼らは中央から任命される官僚とは,截然たる身分上の差があるが,下級の官僚にはその中から選抜された者が多かった。…

※「郷試」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郷試の関連キーワードファン・ボイチャウ文字の獄伊秉綬蒲松齢段玉裁梁啓超艾南英陶じゅ趙執信宋応星八股文趙之謙銭大昕李時珍梅文鼎陳献章王引之康有為蕭雲従翁方綱

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android