コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 アテ

8件 の用語解説(貴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あて【貴】

[形動ナリ]
身分が高いさま。
「世界の男、―なるも卑しきも」〈竹取
上品で美しいさま。
「頭つき様体細やかに―なる程は」〈・宿木〉

き【貴】

[接頭]
人や人の集団を表す言葉に付いて、身分・位・家柄などが高いことを表す。「公子」「夫人」「族」
相手または相手に属する物を表す語に付いて、敬意をもって「あなたの」の意を表す。「国」「社」「研究所」
[接尾]人を表す語に付いて、年長者などに対する敬愛・親愛の気持ちを表す。「姉」「伯父

き【貴】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]たっとい とうとい たっとぶ とうとぶ
学習漢字]6年
価値・身分が高い。「貴顕貴族貴重貴賓貴金属貴公子高貴尊貴富貴
値段が高い。「騰貴
相手に対して敬意を示す語。「貴下貴君貴校貴国貴社貴殿
[名のり]あつ・あて・たか・たかし・たけ・むち・よし
[難読]貴方(あなた)貴女(あなた)貴人(うまひと・あてびと)

むち【貴】

神や人を尊んでいう語。固有名詞の下に付けることが多い。「大日孁(おおひるめの)―」「大己(おおあな)―

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あて【貴】

( 形動ナリ )
身分や家柄が高く貴いさま。高貴だ。 「 -なるも賤しきも/竹取」
上品である。優美だ。 「色はいよいよ白うなりて、-にをかしげなり/源氏 宿木

き【貴】

( 接尾 )
人を表す語に付いて、敬愛の意を表す。 「兄-」 「伯父-」

むち【貴】

神や人を敬っていう語。 「大日孁おおひるめの-/日本書紀 神代上訓注

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【貴族】より


【西洋】
 西洋の歴史において貴族とは,一般に大規模な世襲的土地所有を経済基盤として,生活のための手の労働から解放され,その卓越した軍事的役割と,高貴な血統による排他的門閥形成を通じ,国家の政治的指導の面で大きな特権をもつ身分を指す。英語ではnobility,フランス語ではnoblesse,ドイツ語ではAdel。…

【公家】より

…本来公家(こうか∥こうけ)の語は,朝廷・国家ひいては天皇など〈おおやけ〉を指す。律令制のもとでは,為政者は三位以上の〈貴〉と四,五位の〈通貴〉にわけられ,地方の豪族や名望家はその下位に位置づけられていた。平安後期武士や寺社の勢力が強大になると,朝廷(おおやけ)の政治を担当する身分つまり朝臣が公家と呼ばれるようになり,なかでもその最高の地位たる大臣,納言,参議を公卿(くぎよう)(総じて三位以上を上達部(かんだちめ)という),四,五位の昇殿を許された者を殿上人(てんじようびと)といい,それ以下の地下人(じげにん)と区別した。…

【爵位】より

…一般に身分的な位階序列を表す貴族の称号を爵位というが,貴族制の存在したヨーロッパ世界と中国,日本でのありようは歴史的に異なる。
[ヨーロッパ]
 古代ローマの貴族には,位階序列を表す称号はなく,ヨーロッパの爵位は,中世・近世においてその発達をみることができる。…

※「貴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貴の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貴の関連情報