コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴須王 きすおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴須王 きすおう

?-384 百済(くだら)(朝鮮)の第14代国王。在位375-384。
日本の史料にみえる名で,朝鮮正史の近仇首(きんきゅうしゅ)王にあたる。父近肖古(きんしょうこ)王とともに高句麗(こうくり)軍の侵攻を撃退,故国原(ここくげん)王を戦死させた。「日本書紀」によれば,神功(じんぐう)皇后が新羅(しらぎ)征討に派遣した将軍荒田別(あらたわけ)らと会見したという。近仇首王10年4月死去。貴首ともかき,「きしゅ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貴須王の関連キーワード菅野真道王辰爾味沙

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android