買上米(読み)カイアゲマイ

精選版 日本国語大辞典の解説

かいあげ‐まい かひあげ‥【買上米】

〘名〙
① 江戸時代、幕府、諸藩が米価調節と凶作のためのたくわえを目的として江戸、大坂をはじめ領内の米市場で買い入れた米。御買上米
※禁令考‐前集・第四・巻三八・享保一六年(1731)四月一日「米穀下直に付、公儀に而買上米多被仰付之候」
政府が米価調節のために買い入れる米穀。政府米

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android