コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀来惟熊 かく これたけ

2件 の用語解説(賀来惟熊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀来惟熊 かく-これたけ

1796-1880 江戸後期-明治時代の殖産家,鋳砲家。
寛政8年9月28日豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)の庄屋の家に生まれる。植林の重要性を説き,自費で造林や水利事業をすすめる。また海防に関心をはらい,帆足万里に鋳砲術をまなんで島原藩主の命で反射炉をきずき,大砲を鋳造した。明治13年2月25日死去。85歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

賀来惟熊

没年:明治13.2.25(1880)
生年:寛政8.9.28(1796.10.28)
幕末明治期の社会事業家,造兵家。孫十郎,孫市,六太夫と称した。島原藩の飛び地豊前宇佐郡佐田村(大分県安心院町)の大庄屋の家に生まれ,日出藩の帆足万里に就いて学んだ。文政の初めになると植林の必要を感じ,自費を投じて造林や水利事業を推進し,地域の殖産に尽力した。また海防が切実な国家問題になるや,大砲の鋳造を領主から委託され,安政2(1855)年には,佐賀反射炉に範をとって同村宮の台に反射炉を築き鋳砲作業に入った。完成した大砲は6ポンド砲,12ポンド砲,18ポンド砲の計10門にすぎなかったとはいえ,事実上は賀来家の財力と技術力による民間事業であったことは驚きである。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

賀来惟熊の関連キーワード紙幣整理エカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解ブラウンオランダ文学賀来惟熊ドゥーデン岩崎弥太郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone