コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本剰余金 しほんじょうよきん

会計用語キーワード辞典の解説

資本剰余金

資本剰余金とは、資本取引から生じた剰余金のことを指します。資本剰余金は資本準備金とその他資本剰余金に分けられます。資本準備金→商法で積み立てが義務化されている資本性剰余金。その他資本準備金→資本金及び資本準備金の減少差益、自己株式の処分差益などがあります。※少々城、その他資本剰余金も配当の対象になります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

世界大百科事典内の資本剰余金の言及

【準備金】より

…法定準備金は,その財源により資本準備金と利益準備金に分けられる。資本準備金は,株主の出資の一部または資本に準ずべき性質の剰余金であり,会計理論上の資本剰余金とは必ずしも一致するものではない。すなわち,株式の発行価額中の資本に組み入れない額(払込剰余金),資本減少により減少した資本額が株式の消却または払戻しに要した金額および欠損塡補にあてた金額を超える額(減資差益金),合併により消滅した会社から承継した純資産額がその会社の社員に支払った金額および存続会社の増加した資本額または新設会社の資本額を超える額(合併差益金)であり(商法288条ノ2‐1項),法はこれらが利益の中にまぎれ込んで株主に分配されてしまうのを防ぐとともに,資本とも区別して資本構成に弾力性をもたせている。…

【剰余金】より

…つまり,両者の用語法の違いは,剰余金のなかに法定準備金を含めるか否かという点にある。企業会計原則は,剰余金の発生源泉の違いに注目して,資本取引から生じた剰余金を〈資本剰余金〉と称し,損益取引から生じた剰余金を〈利益剰余金〉と称して,剰余金を二大別する考え方を強調しているが,そもそも資本取引と損益取引との区別の基準がきわめて不明確であるため,資本剰余金と利益剰余金との区別も明確にならず,結局,企業会計原則が長年にわたって主張してきた剰余金の概念は現行の会計制度のもとでは実践的存在意義を失っている。このため,会計実践上は計算書類規則が規定する剰余金概念がもっぱら用いられている。…

※「資本剰余金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

資本剰余金の関連キーワード株主資本等変動計算書財務諸表付属明細書再評価積立金剰余金計算書債務免除益法定準備金利益準備金利益剰余金工事負担金資産再評価資本勘定自己資本株主資本増資

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資本剰余金の関連情報