資本勘定(読み)シホンカンジョウ

大辞林 第三版の解説

しほんかんじょう【資本勘定】

資本取引を計上する勘定科目。資本金、資本剰余金または欠損金の科目に分かれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の資本勘定の言及

【国際収支】より

…国際収支表はドル建てあるいは円建てで記録されるが,対外経済取引はさまざまな通貨建てで行われるので,今日のような変動為替相場制の場合,その換算の仕方も問題となる。
[経常勘定・資本勘定]
 IMF方式の国際収支表は,〈原表〉といわれるものと〈国内発表形式〉といわれるものと二つある。後者がより一般的なものであり,それに従って説明すると,国際収支表に記録される対外経済取引は,〈もの〉の流れを示す経常勘定(国民所得の増減に影響するので所得勘定ともいう)と〈かね〉の流れを示す資本勘定に分けられる。…

※「資本勘定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資本勘定の関連情報