コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本図表 しほんずひょうcapital graph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本図表
しほんずひょう
capital graph

企業の経営活動に使用されている資本の1回転がいかなる売上高によって可能となるかを示す点を資本回収点という。これは企業の固定資本と変動資本の構成いかんによって影響される。この関係を明らかにするために作成されるのが資本図表あるいは資本回転図表である。資本図表から,売上高に対して固定資本の構成割合が大きいときは資本回収点が高く,したがって資本回転率は低くなり,経営資本の必要額が大きくなることを読みとることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資本図表
しほんずひょう

縦軸に金額、横軸に操業度をとり、収益(売上高)と使用総資本の交点を資本回収点として示す図をいう。資本は、固定資本と変動資本の合計を示す。は、価格は一定、操業度100%まで固定資本は一定、変動資本は操業に比例する、との前提で作成されている。利益図表とともに財務管理の用具として使われ、資本回収点が低いほど好ましいとされる。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android