質奉公(読み)しちぼうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

質奉公
しちぼうこう

人身担保の一つ。中世以後行われた奉公契約の一種で,奉公人債権者のもとに一定期間奉公を約束して住込み,労働力によって身代金 (みのしろきん) を返すこと。江戸時代になって人身売買は禁止されたが,質奉公は一般化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しち‐ぼうこう【質奉公】

江戸時代、債務履行の担保として人身を債権者のもとに質入れしたこと。奉公人は一定期間住み込みで働き、債務(身代金)返済をもって解放された。質物奉公

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちぼうこう【質奉公】

江戸時代の人身担保の一。奉公人が、給金によって前借り金の利子を払ったり、前借り金の一部または全部を相殺したりすること。質券奉公。質物奉公。 → 年季奉公

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の質奉公の言及

【質】より

…地域や職業集団に特有な人間諸関係に対応する質は,社会のすみずみまで浸透した。その働きは大きく分けて質地,家質,株質,質奉公,質物となる。(1)質地 近世農村に広範,膨大に存在した長期・中期の不動産質金融。…

※「質奉公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android