赤さき勇(読み)あかさきいさむ

  • 1929―
  • 赤勇

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応用物理学者。鹿児島県川辺(かわなべ)郡知覧(ちらん)村(現、南九州市知覧町)出身。1952年(昭和27)京都大学理学部化学科卒業。兵庫県明石(あかし)市の神戸工業に入社。1959年名古屋大学工学部助手、講師を経て1964年同大助教授、名古屋大学工学博士号取得。同年、名古屋大学を退職し松下電器産業(現、パナソニック)東京研究所に転職。その後同社半導体部長に就任。同社に在任中から青色発光ダイオード(青色LED)の実現に必要な窒化ガリウム(GaN)の結晶製造の研究を手がけた。1981年同社を退社し名古屋大学工学部に復帰し、教授となった。引き続き窒化ガリウムの結晶製造研究に取り組み、当時名古屋大学の院生であった天野浩(あまのひろし)を指導して1985年に結晶を作製することに成功した。その後、豊田合成株式会社と共同研究を行い、1989年に青色発光ダイオードの製品化への開発研究を行い、1995年の量産開始につなげた。2004年(平成16)文化功労者、2011年文化勲章を受章。2014年には「明るく省エネルギーな白色光源を可能にした効率的な青色発光ダイオードの発明」の業績で、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校工学部教授の中村修二、名古屋大学教授の天野浩とともにノーベル物理学賞を受賞した。名城大学終身教授、名古屋大学特別教授・名誉教授、名古屋大学赤記念研究センターリサーチ・フェロー。[馬場錬成]
『赤勇著『青い光に魅せられて――青色LED開発物語』(2013・日本経済新聞出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android