赤井電機(読み)あかいでんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤井電機
あかいでんき

テープデッキメーカー。 1924年創業のアカイプレス工業 (のち赤井電機製作所と改称) を前身に,46年設立。 47年,額面変更のため 29年に設立された高砂鉄工に合併。テープレコーダの生産からテープデッキ,VTRと製品の範囲を拡大していったが,不況と業界間の競争激化で経営が悪化。三菱銀行の協力を背景として三菱電機との提携が緊密化,その下で人員削減など経営再建中。 95年にはホンコンのセミテックグループ入りし,98年同グループの山水電気を傘下に収める。ヨーロッパを中心とした海外において知名度が高い。健康・医療機器,光電子事業など多角化も推進している。売上構成比は音響・映像製品 78%,電子楽器ほか 21%。年間売上高 559億 5700万円 (連結。うち輸出 91%) ,資本金 318億 5100万円,従業員数 327名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android