コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱銀行 みつびしぎんこう

2件 の用語解説(三菱銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三菱銀行
みつびしぎんこう

三菱東京UFJ銀行の前身の一つ。第2次世界大戦後の財閥解体まで三菱財閥の機関銀行で,三井銀行住友銀行安田銀行(→富士銀行),第一銀行とともに五大銀行の一つに数えられた。1880年に郵便汽船三菱会社が創設した三菱為替店を母体とし,1895年に設立された三菱合資会社銀行部が 1919年に株式会社三菱銀行に改組された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三菱銀行
みつびしぎんこう

都市銀行の旧名称。三菱系企業集団の中核的金融機関であった。1919年(大正8)三菱合資会社銀行部の事業を継承し、株式会社として設立され、1929年(昭和4)森村銀行、1940年金原(きんばら)銀行、1942年東京中野銀行をそれぞれ買収し、1943年第百銀行(当時の七大銀行の一つ)を合併した。第二次世界大戦後の1948年(昭和23)財閥解体のため千代田(ちよだ)銀行と改称したが、1953年三菱銀行の旧商号に復帰した。前身は1871年(明治4)岩崎弥太郎(やたろう)が土佐藩から引き継いだ九十九(つくも)商会で、1873年三菱商会と改称、海運業のほか為替(かわせ)業務を営んでいたが、1885年第百十九国立銀行を吸収して銀行業務を拡充、これが1895年に三菱合資会社銀行部に継承された。
 第二次世界大戦後、財閥解体のため苦況にたたされたが、その後再編成された三菱系企業集団の中心に位置し、資金供給面での役割を担ってきた。内外にわたるフル・バンキングを展開し、名実ともに日本を代表する銀行の一つであった。1996年(平成8)に東京銀行と合併、東京三菱銀行と改称、さらに2006年にはUFJ銀行と合併、三菱東京UFJ銀行となった。[村本 孜]
『調査部銀行史編纂室編『三菱銀行史』『三菱銀行史 続』(1980・三菱銀行) ▽東京三菱銀行企画部銀行史編纂チーム編纂『三菱銀行史 続々』(1999・三菱総合研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三菱銀行の関連キーワード都市銀行東京銀行三菱東京UFJ銀行スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ-VISA」三菱東京UFJ銀行貨幣資料館三菱UFJフィナンシャル・グループ十六銀行と岐阜銀行の経営統合千金良宗三郎三菱UFJファクター三菱UFJ信託銀行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三菱銀行の関連情報