コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤化 セッカ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐か〔セキクワ〕【赤化】

[名](スル)《「赤」はプロレタリア革命旗色》共産主義思想や機構を認め、受け入れること。また、その思想に染まること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきか【赤化】

せっか【赤化】

( 名 ) スル
共産主義化すること。せきか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤化の関連キーワード夕・寂・尺・席・惜・戚・斥・昔・析・汐・石・碩・積・籍・績・脊・責・赤・跡・蹟・隻天皇機関説事件と戦前の大学への言論弾圧事件アルバート ホイットフォード米内山 義一郎タカクラ・テルエメラルド碑板タカクラ テル暁民共産党事件教員赤化事件高尾 平兵衛滝内 礼作岩田 健治企画院事件ナツアカネアカトンボ滝川 幸辰高尾平兵衛岩淵 謙一小山 松吉広田三原則

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤化の関連情報