旗色(読み)はたいろ

精選版 日本国語大辞典「旗色」の解説

はた‐いろ【旗色】

〘名〙
、特に戦場での軍旗のひるがえる様子。それによって戦況を占ったところから、戦闘の形勢、また、ひろく物事のなりゆき、形勢をいう。
※甲陽軍鑑(17C初)品四「旗を御覧じて、雲気烟気を見わけ」
② 所属を示す旗の色や形状。転じて、所属。立脚点。
※浮世草子・宗祇諸国物語(1685)三「其晩景稍くらく成て旗色(ハタイロ)に物の色あひも定ならず両陣東西に退く」

き‐しょく【旗色】

〘名〙
① (旗のしるしから) 行動の目標となる主義、主張。旗印(はたじるし)
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「彼女ほど明瞭に旗色鮮明に去って行った者はありませんでした」
② (戦場にひるがえる旗の様子を見て戦況を知るところから) 軍(いくさ)の形勢。戦いの模様。はたいろ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「旗色」の解説

はた‐いろ【旗色】

《戦場で旗のひるがえるようすによって戦況を知ったところから》戦いの形勢。また広く、事の成り行き。「味方の旗色が悪い」
所属を示す旗の色・形。転じて、自分の所属・立場。「旗色を鮮明にする」
[類語]戦局動向傾向傾き気味性向趨勢すうせい趨向すうこう流れ大勢たいせい動き大局成り行き形勢情勢トレンド戦況

き‐しょく【旗色】

《旗の色はその軍隊を示すところから》立場。また、態度。「旗色を鮮明にする」
戦いの形勢。はたいろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android