旗色(読み)キショク

デジタル大辞泉の解説

き‐しょく【旗色】

《旗の色はその軍隊を示すところから》立場。また、態度。「旗色を鮮明にする」
戦い形勢。はたいろ。

はた‐いろ【旗色】

《戦場で旗のひるがえるようすによって戦況を知ったところから》戦いの形勢。また広く、事の成り行き。「味方の旗色が悪い」
所属を示す旗の色・形。転じて、自分の所属・立場。「旗色鮮明にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしょく【旗色】

戦いの形勢。はたいろ。
旗じるしとするもの。立場。主張。 -鮮明

はたいろ【旗色】

戦場で軍旗のひるがえる様子から
勝負の形勢。争い・議論などの優劣の状態。
所属を示す旗の色から 所属。立場。きしょく。旗幟きし -を鮮明にする
[句項目] 旗色が悪い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しょく【旗色】

〘名〙
① (しるしの意から) 行動の目標となる主義、主張。旗印(はたじるし)
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「彼女ほど明瞭に旗鮮明に去って行った者はありませんでした」
② (戦場にひるがえる旗の様子を見て戦況を知るところから) 軍(いくさ)の形勢。戦いの模様。はたいろ。

はた‐いろ【旗色】

〘名〙
① 旗、特に戦場での軍旗のひるがえる様子。それによって戦況を占ったところから、戦闘の形勢、また、ひろく物事のなりゆき、形勢をいう。
甲陽軍鑑(17C初)品四「旗色を御覧じて、雲気烟気を見わけ」
② 所属を示す旗の色や形状。転じて、所属。立脚点。
浮世草子・宗祇諸国物語(1685)三「其晩景稍くらく成て旗色(ハタイロ)も幽に物の色あひも定ならず両陣東西に退く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旗色の関連情報