コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松広通 あかまつ ひろみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松広通 あかまつ-ひろみち

1562-1600 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)5年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)城主。豊臣秀吉にしたがい,天正13年但馬(たじま)(兵庫県)竹田城主となる。儒者藤原惺窩(せいか)に敬服し援助をおこない,慶長の役で捕虜になった朝鮮の学者姜沆(きょう-こう)の帰国につくす。関ケ原の戦いではじめ石田方に味方し,のち徳川方につくがゆるされず,家康の命により慶長5年10月28日自害した。39歳。姓はのち斎村。別名に広秀,広英。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤松広通の言及

【藤原惺窩】より

…その2年後,慶長の役の捕虜姜沆(きようこう)(朝鮮の朱子学者)と出会い,姜沆から学問的影響を受け,やがて還俗して儒者になった。99年大名赤松広通と姜沆の援助を得て,初めて宋儒の説に従って四書五経に訓点を施したが,広通の死により和訓本は出版されなかった。晩年は京都北郊の市原山荘に隠棲したが,儒者としての志を失うことはなかった。…

※「赤松広通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤松広通の関連キーワード赤松広秀赤松氏永禄

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android