コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松広通 あかまつ ひろみち

1件 の用語解説(赤松広通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松広通 あかまつ-ひろみち

1562-1600 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)5年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)城主。豊臣秀吉にしたがい,天正13年但馬(たじま)(兵庫県)竹田城主となる。儒者藤原惺窩(せいか)に敬服し援助をおこない,慶長の役で捕虜になった朝鮮の学者姜沆(きょう-こう)の帰国につくす。関ケ原の戦いではじめ石田方に味方し,のち徳川方につくがゆるされず,家康の命により慶長5年10月28日自害した。39歳。姓はのち斎村。別名に広秀,広英。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の赤松広通の言及

【藤原惺窩】より

…その2年後,慶長の役の捕虜姜沆(きようこう)(朝鮮の朱子学者)と出会い,姜沆から学問的影響を受け,やがて還俗して儒者になった。99年大名赤松広通と姜沆の援助を得て,初めて宋儒の説に従って四書五経に訓点を施したが,広通の死により和訓本は出版されなかった。晩年は京都北郊の市原山荘に隠棲したが,儒者としての志を失うことはなかった。…

※「赤松広通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤松広通の関連キーワード織豊時代赤尾伊豆安部信勝岩田五助堅田広澄河内七郎右衛門木村又蔵佐知景則鈴木友之助丹羽長正

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone