コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松教康 あかまつ のりやす

2件 の用語解説(赤松教康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松教康 あかまつ-のりやす

1423-1441 室町時代の武将。
応永30年生まれ。赤松満祐(みつすけ)の長男。父や叔父の則繁(のりしげ)と将軍足利義教(よしのり)を暗殺し(嘉吉(かきつ)の乱),父とともに播磨(はりま)(兵庫県)城山(きのやま)城にたてこもる。のち幕府の追討軍に敗れ,伊勢(いせ)(三重県)の北畠教具(のりとも)をたよったが,その地で嘉吉元年9月28/29日自害した。19歳。通称は彦次郎。別名に教祐(のりすけ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松教康

没年:嘉吉1.9.28(1441.10.13)
生年:応永30(1423)
室町時代の武将。満祐の嫡男。通称彦次郎。父満祐は室町幕府の有力大名だったが,守護勢力の抑圧を意図する将軍足利義教は赤松氏でも庶流の満政や貞村を重用し,満祐は永享9(1437)年ごろより疎略な扱いを受けるようになる。同12年,満祐は「狂乱」と称して幕府への出仕をやめ在京奉行富田性有邸に謹慎し,代わって教康が出仕することになった。翌嘉吉1(1441)年6月,満祐・教康父子は大覚寺義昭,結城氏朝討滅の祝と称して京都西洞院二条の自邸に義教を招き,猿楽上演中に叔父則繁らと共にこれを殺害した。その日のうちに一族を率いて播磨に下向し幕府の追討軍に備えたが,8月26日,明石の和坂で敗退,次いで坂本城を失い,本拠城山城も9月10日落城した(嘉吉の乱)。その直前,教康は父の命で脱出し妻の父北畠教顕を頼って伊勢に逃れたが,累のおよぶことを恐れた教顕によって同28日に殺された。一説に自害ともいう。

(榎原雅治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松教康の関連キーワード赤松貞村吉川経信桐原源蔵小寺職治佐田親景高築次郎左衛門津野之高松浦義山名教清山名煕貴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone