コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松智城 あかまつ ちじょう

1件 の用語解説(赤松智城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松智城 あかまつ-ちじょう

1886-1960 大正-昭和時代の宗教学者。
明治19年12月23日生まれ。赤松克麿(かつまろ)・赤松常子の兄。大正4年母校京都帝大と東京帝大の有志とともに宗教研究会を設立,翌年「宗教研究」を創刊。昭和2年京城帝大教授。朝鮮,モンゴルなどの宗教を研究,秋葉隆と「朝鮮巫俗(ふぞく)の研究」を刊行した。昭和35年3月12日死去。73歳。山口県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤松智城の関連キーワード宇野円空堀一郎会田ヒデ石橋智信今岡信一良小口偉一小倉霊現斉藤惣一中野与之助増谷文雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone