コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松智城 あかまつ ちじょう

1件 の用語解説(赤松智城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松智城 あかまつ-ちじょう

1886-1960 大正-昭和時代の宗教学者。
明治19年12月23日生まれ。赤松克麿(かつまろ)・赤松常子の兄。大正4年母校京都帝大と東京帝大の有志とともに宗教研究会を設立,翌年「宗教研究」を創刊。昭和2年京城帝大教授。朝鮮,モンゴルなどの宗教を研究,秋葉隆と「朝鮮巫俗(ふぞく)の研究」を刊行した。昭和35年3月12日死去。73歳。山口県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松智城の関連キーワードナンバースクールメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済新聞小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone