コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋葉隆 あきばたかし

4件 の用語解説(秋葉隆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋葉隆
あきばたかし

[生]1888.10.5. 千葉
[没]1954.10.16. 東京
社会学者,文化人類学者。文学博士。 1921年東京帝国大学社会学科卒業。イギリスフランスに留学後,京城帝国大学 (現ソウル大学) ,愛知大学の各教授を歴任。京城帝国大学在任中,特に朝鮮,中国東北地方シャーマニズムの研究に従事し,現地調査に基づいて,この方面に大きな業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋葉隆 あきば-たかし

1888-1954 昭和時代の文化人類学者。
明治21年10月5日生まれ。イギリス,フランスに留学後,京城帝大教授となり,約20年にわたり朝鮮,満州(中国東北部),モンゴルシャーマニズムなどを実地調査。昭和24年愛知大教授。昭和29年10月16日死去。66歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「満蒙(まんもう)の民族と宗教」(赤松智城との共著),「朝鮮巫俗(ふぞく)の現地研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あきばたかし【秋葉隆】

1888‐1954(明治21‐昭和29)
民族学者。千葉県生れ。1921年東京帝国大学社会学科を卒業後,1924‐45年,京城帝国大学の社会学科に奉職した。その間1924‐26年ロンドン大学パリ大学で民族学,社会学を研究,マリノフスキーラドクリフ・ブラウンらの影響を受けた。帰国後は朝鮮および満州,蒙古の民俗・社会の調査研究に従事し,シャマニズムを中心に,村落社会,親族,民間信仰に関する多大な業績を残し,泉靖一らの弟子を養成した。村の祭りと家の祭りにみられる儒式と巫式の二つの儀礼体系の相互関係を論じた〈朝鮮社会・文化の二重構造モデル〉は,今日も多くの研究者によって受け継がれ展開されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋葉隆
あきばたかし
(1888―1954)

文化人類学者、社会学者。千葉県に生まれる。1921年(大正10)東京帝国大学社会学科卒業。1924年京城(けいじょう)帝国大学助教授。欧米留学後、同大学教授となる。ウェスターマークの影響を受け、朝鮮を中心に東北アジアのシャーマニズムの研究にあたり、1943年(昭和18)文学博士。第二次世界大戦後は九州大学講師を経て、1949年愛知大学教授に就任、それぞれ社会学を担当しつつ文化人類学の日本における開拓者の一人として活躍した。主著に『朝鮮巫俗(ふぞく)の研究』2巻(共著・1937~1938)、『満蒙(まんもう)の民俗と宗教』(共著・1941)、『朝鮮巫俗の現地研究』(1950)、『朝鮮民俗誌』(1954)がある。[中野 卓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋葉隆の関連キーワード宇野円空柴田桂太宗教民族学白鳥庫吉松本信広馬淵東一岡正雄JSE大林太良佐喜真興英

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋葉隆の関連情報