コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤沢仁兵衛 あかざわ にへえ

2件 の用語解説(赤沢仁兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤沢仁兵衛 あかざわ-にへえ

1837-1920 幕末-大正時代の農事改良家。
天保(てんぽう)8年10月10日生まれ。武蔵(むさし)入間(いるま)郡(埼玉県)の人。慶応2年からサツマイモの栽培に力をそそぎ,増収となる栽培法を開発。明治43年「赤沢仁兵衛実験甘藷(かんしょ)栽培法」をあらわし,普及につとめた。大正9年3月6日死去。84歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤沢仁兵衛

没年:大正9.3.6(1920)
生年:天保8(1837)
明治期の篤農。武蔵国入間郡今福村(埼玉県川越市)の人。川越芋は幕末ごろから江戸の蔬菜・焼き芋用として有名になったが,明治以降は一層需要が増大した。その明治期に甘藷の増収法を研究,だれでも単位面積当たりの収量を倍増できる方法を確立,普及に努めた。種芋に屑芋を使わない,うねを高くする,堆肥を多投し苗は釣り針のように曲げて挿すなどの赤沢式栽培法を公開し,著作や講習会によって広めた。当時の日本の甘藷栽培技術の最高水準を示すもので,今なお通用するものが多い。<著作>『赤沢仁兵衛実験甘藷栽培法』(『明治農書全集』4巻)

(井上浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤沢仁兵衛の関連キーワード入間浅見野井新井角丈粕谷義三吉良義豊清水宗徳下山応助中山要人繁田満義福田久松

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone