コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤浮草 アカウキクサ

デジタル大辞泉の解説

あか‐うきくさ【赤浮草】

アカウキクサ科の常緑の多年生シダ。関西地方の沼や水田にみられ、水面に広がって増える。形はヒノキの葉に似て、紅色を帯びる。関東では別種のオオアカウキクサが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかうきくさ【赤浮草】

サンショウモ目の水生シダ植物。水田・沼沢などに浮遊する。葉の形は鱗うろこ状でヒノキの葉に似る。紅色を帯び、長さ約1.5センチメートル、裏面に白糸状の根がある。ヒノキモ。満江紅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤浮草 (アカウキクサ)

植物。サンショウモ科の多年草

赤浮草 (アカウキクサ)

学名:Azolla pinnata var.imbricata
植物。アカウキクサ科の浮漂性多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

赤浮草の関連キーワードサンショウモ満江紅植物

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android