コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤線地帯

大辞林 第三版の解説

あかせんちたい【赤線地帯】

売春を目的とする特殊飲食店の集まっていた地域。警察の地図に赤い線で表示された。1957年(昭和32)、売春防止法の施行で廃止された。赤線。 → 青線地帯

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の赤線地帯の言及

【売春】より

…なお,〈からゆき〉と呼ばれた東南アジア方面への出稼売春婦の存在と,第2次大戦中に東洋各地の戦場に軍が従軍慰安婦による売春施設を設置したことは,近代史の一面を示す。戦後,占領軍の指示によって公娼制は廃止されたが,日本政府は直ちに特殊飲食店と名称を変えて存続を図り,それらの営業許可区域を赤線または青線で指定した(これを特飲街,赤線地帯などといった。〈赤線・青線〉の項目参照)。…

【遊郭(遊廓)】より

…その後も廃娼運動を抑えて存続し,ことに軍隊はその存在を肯定させる一原因であった。46年の公娼廃止指令によって表面上は廃止されたが,いわゆる〈赤線地帯〉が旧遊郭をそのまま引きついだ。52年6月の赤線および類似地帯は全国に618ヵ所,業者約1万8000軒であったが,58年4月の〈売春防止法〉の実施によって消滅した(赤線・青線)。…

※「赤線地帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤線地帯の関連キーワード小川 虎之助進藤 英太郎木暮 実千代金田 龍之介十朱 久雄浦辺 粂子売春防止法金田竜之介多々良 純常盤とよ子沢村 貞子人身売買青線地帯赤線区域赤線遊廓

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤線地帯の関連情報