コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤東 こんどう あずま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤東 こんどう-あずま

1904-1988 大正-昭和時代の詩人。
明治37年6月24日生まれ。明大在学中に春山行夫(ゆきお)と詩誌「謝肉祭」を創刊。昭和3年鉄道省にはいる。同年「詩と詩論」創刊に参加し,モダニズムの詩を発表。7年最初の詩集「抒情詩娘」をあらわす。戦後は風刺的な詩もかいた。昭和63年10月23日死去。84歳。東京出身。詩集はほかに「万国旗」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近藤東
こんどうあずま
(1904―1988)

詩人。東京・京橋に生まれる。明治大学英法学部卒業。年少より短歌や詩をつくった。『詩と詩論』創刊(1928)以来の同人。『詩法』の編集者で、『新領土』の編集同人でもあった。昭和モダニズムの中枢を歩んだ詩人である。風刺と逆説による批判精神を漢字と片仮名の表記によって書いた。長く国鉄に在職し、朗読詩運動や勤労詩を提唱した。詩集に『抒情(じょじょう)詩娘』(1932)以下8冊や少年少女詩集、風刺詩集『えぴつく・とぴつく』(1951)などがある。[角田敏郎]
『『日本の詩23 近代詩集2』(1979・集英社) ▽木原孝一著「近藤東」(『現代詩鑑賞講座9』所収・1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

近藤東の関連キーワード棚夏針手昭和時代村野四郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android