コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤藻屑 アカモク

デジタル大辞泉の解説

あか‐もく【赤藻×屑】

ホンダワラ科の褐藻。海岸の干潮線以下に生え、細長く、羽状に切れ込み、円柱状の気泡がある。雌雄異株東北地方などで食用とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかもく【赤藻屑】

褐藻類ヒバマタ目ホンダワラ属の海藻。各地の浅海に多産する。茎は分枝せず5メートルに達する。葉片は羽状で黄褐色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤藻屑の関連キーワード黄褐色浅海葉片多産

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android