走野老(読み)ハシリドコロ

大辞林 第三版の解説

はしりどころ【走野老】

ナス科の多年草。山中の半陰地に生える。地下茎は横に伸び太く節があり、葉は楕円形で軟らかい。高さは約50センチメートル。春、葉腋から暗紅紫色の鐘状花を一個ずつ垂れ下げる。ヒヨスチアミンなどのアルカロイドを含み、全体が有毒で、地下茎はロート根こんと称し鎮痛・鎮痙薬とする。漢名、莨菪ろうとう。 → アトロピン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

走野老 (ハシリドコロ・ハシリトコロ)

学名:Scopolia japonica
植物。ナス科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android