コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走野老 ハシリドコロ

デジタル大辞泉の解説

はしり‐どころ【走野老】

ナス科の多年草。谷間の木陰に生え、高さ約60センチ。葉は楕円形で先がとがり、柔らかい。春、暗紅紫色の釣鐘状の花が咲く。全草にアルカロイドを含み、有毒。地下茎トコロに似て太く、漢方で莨菪根(ろうとこん)といい鎮痙(ちんけい)・鎮痛薬に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしりどころ【走野老】

ナス科の多年草。山中の半陰地に生える。地下茎は横に伸び太く節があり、葉は楕円形で軟らかい。高さは約50センチメートル。春、葉腋から暗紅紫色の鐘状花を一個ずつ垂れ下げる。ヒヨスチアミンなどのアルカロイドを含み、全体が有毒で、地下茎はロート根こんと称し鎮痛・鎮痙薬とする。漢名、莨菪ろうとう。 → アトロピン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

走野老 (ハシリドコロ・ハシリトコロ)

学名:Scopolia japonica
植物。ナス科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

走野老の関連キーワードロートエキスアトロピン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android