起訴便宜主義(読み)きそべんぎしゅぎ

世界大百科事典内の起訴便宜主義の言及

【起訴】より

…すなわち,犯人の性格,年齢および境遇,犯罪の軽重および情状ならびに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは,公訴を提起しないことができるのであり,公訴の提起について広い裁量権が与えられている(248条)。これを起訴便宜主義といい,ドイツ法のようにこのような裁量を認めない原則を〈起訴法定主義〉という(もっとも,ドイツ法においても,軽微犯罪,国外犯罪,余罪などについて起訴法定主義の例外が認められている)。起訴便宜主義の利点は,不必要な訴追を回避することにより犯罪者の改善更生に資することができること,刑事司法の重点を真に訴追が必要な犯罪におくことができることなどである。…

【刑事訴訟】より

…検察官は,捜査の結果を吟味し,起訴の適否を判断する。公訴を提起するためには,有罪の証拠が十分でなければならないが,証拠が十分ある場合も,諸般の事情を考慮して起訴を猶予することが許される(起訴便宜主義)。これは,無用の起訴を防止するうえで著しい効用を持つが,反面,裁量的な判断であるだけに,濫用の危険がないとはいえない。…

※「起訴便宜主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android