コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起訴強制 きそきょうせいKlageerzwingung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

起訴強制
きそきょうせい
Klageerzwingung

犯罪の嫌疑があるのに検察官が公訴を提起しない場合に,告訴権者などが上級の検察官,あるいは裁判所に申立てて,公訴提起を促し,さらには裁判所の裁判によって公訴提起の効果を生じさせること。起訴法定主義をとるドイツなどで典型的に認められる制度であるが,起訴便宜主義をとる日本法のもとでも,準起訴手続検察審査会の制度が,一定程度類似の機能を果している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起訴強制の関連情報