コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起請田 きしょうでん

世界大百科事典 第2版の解説

きしょうでん【起請田】

12世紀半ばの史料によると,諸田からの官物(かんもつ)の徴収に当たっては,(1)検田を行わずに旧田文によって田数を確定する,(2)検田を行って田数を定める,(3)検田を行わず利田請文なるものを提出して田数を確定する,以上の3通りの方法があった。この(3)の方法で官物徴収の基準とされた田地を起請田と呼ぶ。承徳3年(1099)2月,因幡守平時範は任国に赴き,国司初任の諸行事を行ったが,3月2日,時範が国庁に出仕して初めて国務を行ったとき,国内諸郡司らが〈一把半利田請文〉を提出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android