コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起請田 きしょうでん

1件 の用語解説(起請田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きしょうでん【起請田】

12世紀半ばの史料によると,諸田からの官物(かんもつ)の徴収に当たっては,(1)検田を行わずに旧田文によって田数を確定する,(2)検田を行って田数を定める,(3)検田を行わず利田請文なるものを提出して田数を確定する,以上の3通りの方法があった。この(3)の方法で官物徴収の基準とされた田地を起請田と呼ぶ。承徳3年(1099)2月,因幡守平時範は任国に赴き,国司初任の諸行事を行ったが,3月2日,時範が国庁に出仕して初めて国務を行ったとき,国内諸郡司らが〈一把半利田請文〉を提出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

起請田の関連キーワードカラハン朝史料編纂所ブリタニア半ばの月ベンチャロンカレル広場コモ大聖堂スカルホルトトレンチーン城グルババの霊廟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone