コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起運 きうんqǐ yùn

世界大百科事典 第2版の解説

きうん【起運 qǐ yùn】

中国,明・清時代,地方で土地税として徴収された穀物あるいはその代替物を国都北京およびその他の指定地へ輸送すること,また輸送される物自体を指す。これに対して,税の中から地方行政に必要な額の穀物あるいは代替物を留めおくこと,またその物自体を存留(そんりゆう)と呼んだ。明代について,起運をその目的地によって大別すると,北京の京庫・京倉へ送る場合,南京に送る場合,北辺およびその他の地方の倉庫へ送る場合の3種に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

起運の関連キーワードオーストラリア・アルプス陸中海岸国立公園ワルシャワ蜂起アルプス造山帯ブルックス山脈御前崎(岬)ヒマラヤ山脈マデイラ諸島スウェーデンチュガチ山地アルタイ山地起運・存留静岡(県)磐田原台地丹沢山地造山運動関東地方褶曲山脈一月蜂起蓋馬高原

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android