コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起運 きうん qǐ yùn

1件 の用語解説(起運の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きうん【起運 qǐ yùn】

中国,明・清時代,地方で土地税として徴収された穀物あるいはその代替物を国都北京およびその他の指定地へ輸送すること,また輸送される物自体を指す。これに対して,税の中から地方行政に必要な額の穀物あるいは代替物を留めおくこと,またその物自体を存留(そんりゆう)と呼んだ。明代について,起運をその目的地によって大別すると,北京の京庫・京倉へ送る場合,南京に送る場合,北辺およびその他の地方の倉庫へ送る場合の3種に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

起運の関連キーワード売上税租税地丁銀地方譲与税譲与税地税地方道路税抽分配付税現地税

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

起運の関連情報