コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起運 きうんqǐ yùn

1件 の用語解説(起運の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きうん【起運 qǐ yùn】

中国,明・清時代,地方で土地税として徴収された穀物あるいはその代替物を国都北京およびその他の指定地へ輸送すること,また輸送される物自体を指す。これに対して,税の中から地方行政に必要な額の穀物あるいは代替物を留めおくこと,またその物自体を存留(そんりゆう)と呼んだ。明代について,起運をその目的地によって大別すると,北京の京庫・京倉へ送る場合,南京に送る場合,北辺およびその他の地方の倉庫へ送る場合の3種に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

起運の関連情報