超丹波帯(読み)ちょうたんばたい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超丹波帯
ちょうたんばたい

日本の地体構造区分上、西南日本内帯における区分名の一つ。近畿地方の京都府、兵庫県などをおもな分布域とし、舞鶴帯と丹波帯の間を占める。おもに古生代ペルム紀の付加堆積(たいせき)物からなり、丹波帯の中生代ジュラ紀付加堆積物の上に低角の衝上断層でのることから命名された。古生代石炭紀の玄武岩質火山岩類、石灰岩、ペルム紀のチャート、砂岩、泥岩、メランジュなどが分布し、また、これらを不整合で覆う可能性の高い地層が分布する。[村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android