コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超新星ニュートリノ ちょうしんせいニュートリノsupernova neutrino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超新星ニュートリノ
ちょうしんせいニュートリノ
supernova neutrino

タイプ II超新星が重力崩壊を起こして中性子星を形成する際に,生まれたての熱い中性子星が大量のニュートリノを約 10秒間にわたって放出するという理論によって予測されていた。 1987年2月 23日,大マゼラン雲に超新星 1987Aが出現したとき,実際にこのニュートリノが岐阜県神岡とアメリカのオハイオ州にあるニュートリノ検出器によって検出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうしんせい‐ニュートリノ〔テウシンセイ‐〕【超新星ニュートリノ】

超新星爆発が起こるときに放出されるニュートリノ重力崩壊によって形成される原始中性子星から多量のニュートリノが発生する。
[補説]昭和62年(1987)、大マゼラン星雲で発生した超新星SN1987Aの爆発によって放出されたニュートリノが、世界で初めて、日本のニュートリノ観測施設カミオカンデで検出された。この功績により、小柴昌俊が2002年度ノーベル物理学賞を受賞した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

超新星ニュートリノの関連キーワードニュートリノ天文学宇宙素粒子物理

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android