超音速気流(読み)ちょうおんそくきりゅう

百科事典マイペディア「超音速気流」の解説

超音速気流【ちょうおんそくきりゅう】

音より速い気体の流れ。気体は圧縮性が大きいため,物体のまわりや断面積が変化するの中を流れる場合,圧縮性が流れの状態に影響を及ぼす。流れの速度が音速に近づくにつれてこの影響は著しくなり,音速以上では流れの状態がまったく変わってしまう。流れの速さはふつう音速に対する比(マッハ数)で表される。流れに起こる現象は気体と物体との相対速度で決まるので,飛行機のように気体中を高速で運動する場合にもあてはまり,低速では無視できた気体の圧縮性が大きく影響し,衝撃波の発生や空力加熱などの問題を生ずる。
→関連項目音の壁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android