越の桂月(読み)こしのけいげつ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こしのけいげつ【越の桂月】

福井の日本酒。酒名は、大正期の歌人大町桂月にちなみ命名。大吟醸酒「淳」は平成18年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。ほかに純米大吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒がある。原料米は五百万石、山田錦など。仕込み水は足羽(あすわ)川の伏流水蔵元の「毛利酒造」は昭和13年(1938)創業。所在地は福井市東郷二ヶ町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android