断罪(読み)ダンザイ

デジタル大辞泉の解説

だん‐ざい【断罪】

[名](スル)
罪をさばくこと。罪に対して判決を下すこと。断獄。「責任者を断罪する」
斬首の刑。斬罪。うちくび。
「あはれ―流刑にも行はせばや」〈太平記・二一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんざい【断罪】

( 名 ) スル
罪をさばくこと。罪を処断すること。 「悪業の数々を-する」
斬首の刑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の断罪の言及

【斬罪】より

… 中世に入ると絞罪は行われず,斬罪すなわち斬首刑が死刑の基本刑となった。鎌倉幕府は1232年(貞永1)制定の《御成敗式目》において,謀叛,殺害,夜討,強盗,山賊,海賊,放火を大犯,重科とよんで斬罪(断罪ともいう)と定め,1250年ころ(建長ころ)の追加法で人勾引(ひとかどい)(誘拐),人売も斬罪の範囲に含めた。室町幕府は前代の法を継承したが,15世紀ころには上記の盗罪に窃盗を含めて,盗み一般を大犯と規定し,斬罪を科するようになった。…

※「断罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断罪の関連情報