断罪(読み)だんざい

精選版 日本国語大辞典「断罪」の解説

だん‐ざい【断罪】

〘名〙
① (「たんざい」とも) 罪をさばくこと。罪を処断すること。断獄。
※令義解(718)獄「凡国断罪応申覆者。太政官量差使人。取強明解法律。分道巡覆見囚
※日葡辞書(1603‐04)「Tanzai(タンザイ)
※婉という女(1960)〈大原富枝〉五「反対派への断罪のあとも、藩府では〈略〉秦山先生の動静を一々報告させていたのであった」 〔晉書‐刑法志〕
② 斬首の罪。うちくび。斬罪。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)一二月二六日「而依彼余族、可断罪之由風聞」
※太平記(14C後)二一「あわれ断罪(ダンザイ)・流刑にも行せばや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「断罪」の解説

だん‐ざい【断罪】

[名](スル)
罪をさばくこと。罪に対して判決を下すこと。断獄。「責任者を断罪する」
斬首の刑。斬罪。うちくび。
「あはれ―流刑にも行はせばや」〈太平記・二一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の断罪の言及

【斬罪】より

… 中世に入ると絞罪は行われず,斬罪すなわち斬首刑が死刑の基本刑となった。鎌倉幕府は1232年(貞永1)制定の《御成敗式目》において,謀叛,殺害,夜討,強盗,山賊,海賊,放火を大犯,重科とよんで斬罪(断罪ともいう)と定め,1250年ころ(建長ころ)の追加法で人勾引(ひとかどい)(誘拐),人売も斬罪の範囲に含めた。室町幕府は前代の法を継承したが,15世紀ころには上記の盗罪に窃盗を含めて,盗み一般を大犯と規定し,斬罪を科するようになった。…

※「断罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android