コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断罪 ダンザイ

2件 の用語解説(断罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐ざい【断罪】

[名](スル)
罪をさばくこと。罪に対して判決を下すこと。断獄。「責任者を断罪する」
斬首の刑。斬罪。うちくび。
「あはれ―流刑にも行はせばや」〈太平記・二一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の断罪の言及

【斬罪】より

… 中世に入ると絞罪は行われず,斬罪すなわち斬首刑が死刑の基本刑となった。鎌倉幕府は1232年(貞永1)制定の《御成敗式目》において,謀叛,殺害,夜討,強盗,山賊,海賊,放火を大犯,重科とよんで斬罪(断罪ともいう)と定め,1250年ころ(建長ころ)の追加法で人勾引(ひとかどい)(誘拐),人売も斬罪の範囲に含めた。室町幕府は前代の法を継承したが,15世紀ころには上記の盗罪に窃盗を含めて,盗み一般を大犯と規定し,斬罪を科するようになった。…

※「断罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

断罪の関連情報