コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉再 きっさい Kil Chae

1件 の用語解説(吉再の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きっさい【吉再 Kil Chae】

1353‐1419
朝鮮,高麗・李朝の学者。字は再父。号は冶隠,金烏山人。慶尚道海平の人。李穡(りしよく),鄭夢周権近(ごんきん)の門人で朱子学を修め,成均博士となり教育に専心,門下注書に至ったが,老母奉養のため帰郷した。李朝になってからは,再三の招命を2王朝に出仕はできないと固辞し,善山で後進の指導にあたった。門人の金叔滋から金宗直,金宏弼,趙光祖への士林の学統が成立した。著書に《冶隠集》がある。諡号(しごう)は文節。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の吉再の言及

【儒教】より

…しかし王朝体制が整備されるや,代わって体制維持に奉仕する修己=道学の朱子学が尊重されるのは自然の勢いであった。この方面の朱子学は王朝交代直前に官を辞して郷里の慶尚道(嶺南)に帰った吉再が先鞭をつけていた。彼は新王朝の太常博士の職を二王に仕えずと拒絶し,講学と後進養成に専念した。…

※「吉再」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉再の関連キーワード絵高麗高麗高麗史高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録高麗焼高麗人史庫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉再の関連情報