コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利氏姫 あしかがの うじひめ

2件 の用語解説(足利氏姫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利氏姫 あしかがの-うじひめ

1574-1620 織豊-江戸時代前期,足利義氏の娘。
天正(てんしょう)2年生まれ。古河公方(こがくぼう)であった父を幼くしてなくす。天正19年豊臣秀吉の命で小弓(おゆみ)御所の喜連川(きつれがわ)(足利)国朝と結婚,戦国時代から対立してきた嫡流・庶流の両足利氏を統合する役割をはたした。元和(げんな)6年5月6日死去。47歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利氏姫

没年:元和6.5.6(1620.6.6)
生年:天正2(1574)
戦国時代末期,最後の古河公方足利義氏の娘。9歳で父に死別し,関東足利氏嫡流の血を伝える唯一の人となった。母の実家北条家の庇護のもと古河城にあったが,天正18(1590)年の北条氏滅亡後は豊臣秀吉からわずかな領地を与えられて鴻巣館に移った。翌年,秀吉から庶流の小弓足利氏の国朝との結婚を命じられ,戦国時代に分流,対立してきた両足利氏統合の役割を果たすことになった。足利氏は喜連川氏と名を改め,近世の武家として再出発を期したが,その矢先の文禄2(1593)年,国朝が病死する。弟の頼氏が跡を継ぐと,氏姫はまたも秀吉の命でこれと結婚させられた。これらの政略結婚の裏には小弓足利氏の秀吉への政治工作があった。嫡流が庶流に吸収される形となったことへの反発からか,氏姫は夫頼氏の領地下野喜連川には移らず,子や孫と共に生涯を鴻巣館で暮らし,嫡流の意地を貫いた。館のそばの徳源院に葬られた。

(池上裕子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利氏姫の関連キーワード足利義氏喜連川義氏足利高基足利晴氏足利政氏古河公方足利義氏(2)渭継喜連川国朝芳春院(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone