嫡流(読み)ちゃくりゅう

精選版 日本国語大辞典「嫡流」の解説

ちゃく‐りゅう ‥リウ【嫡流】

〘名〙 嫡子から子へと家督を伝えていく本家の血すじ。また、正統の血統。正統の流派。嫡統。正系。てきりゅう。
※太平記(14C後)三〇「此宮は本院の御弟、慈覚大師の嫡流(チャクりう)にて」

てき‐りゅう ‥リウ【嫡流】

〘名〙 (「てき」は「嫡」の漢音) 代々嫡子(ちゃくし)によって血筋を伝えてきた正しい家系。ちゃくりゅう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android