コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利氏館 あしかがしやかた

日本の城がわかる事典の解説

あしかがしやかた【足利氏館】

栃木県足利市の真言宗大日派の本山鑁阿(ばんな)寺にあった足利氏の城館。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。室町時代、足利尊氏の本領地である同市にあった足利氏の居館がその起源。清和源氏の源義家の曾孫の足利義兼(足利氏第2代)が鎌倉時代の初めに築いた。義兼は源頼朝のもとで鎌倉幕府の創設に尽くし、その子孫も幕府の要職に就き、鎌倉時代末期の当主の尊氏が鎌倉幕府を倒して、室町幕府を開いた。室町時代に入り、一族が京都や鎌倉に移って当主不在となった館は、鑁阿寺という寺院となった。ちなみに、この寺院は、義兼が1196年(建久7)に館内に建立した持仏堂を起源とし、第3代義氏が堂塔伽藍を建立して足利一門の氏寺としたものである。現在、足利氏館には当時の不整形の四角い土塁と水堀が残っており、その内部が鑁阿寺となっている。かつての足利氏の館は一辺が500m前後の四角形の広大な複郭の館であったと推定されている。この館の南方に、坂東の大学として、全国から多くの俊英を集めた足利学校がある。JR両毛線足利駅から徒歩約10分。または東武鉄道伊勢崎線足利市駅から徒歩約15分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足利氏館の関連情報