鑁阿寺(読み)ばんなじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「鑁阿寺」の解説

鑁阿寺
ばんなじ

栃木県足利(あしかが)市家富(いえとみ)町にある真言(しんごん)宗大日(だいにち)派本山金剛山仁王院法華坊(こんごうさんにおういんほっけぼう)と号する。本尊大日如来(にょらい)。下野(しもつけ)三十三か所第28番札所。1196年(建久7)足利義兼(よしかね)が晩年に出家して法華坊鑁阿と号し、足利氏邸宅に持仏堂すなわち現在の大御堂(おおみどう)(本堂)と鐘楼を建立したのに始まるという。のち一切経堂、中御堂、多宝塔、山門などを造営、七堂伽藍(がらん)を整えたといわれる。義兼の子義氏(よしうじ)はの外に12の塔頭(たっちゅう)支院を置いた。本堂と鐘楼は創建当初のもので、本堂は国宝、経蔵は国重要文化財。宝に青磁の香炉・花瓶一対、紙本墨書仮名法華経(ほけきょう)八巻、金銅鑁字懸仏(かけぼとけ)(以上、国重文)などがある。所蔵の足利氏関係の古文書600余通はわが国中世史研究の貴重な史料である。毎年節分に行う鎧武者(よろいむしゃ)行列(鎧年越(としこし))は有名。

[眞柴弘宗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「鑁阿寺」の解説

鑁阿寺【ばんなじ】

栃木県足利(あしかが)市にある真言宗の寺。本尊大日如来。1196年足利義兼(よしかね)(法号鑁阿)の創建。寺域はもと義兼の居館であったと伝え,土塁・堀が巡る。堀内(ほりのうち)大御堂,丹朱を塗った堂塔から赤御堂とも。1314年花園天皇勅願所とし,室町期には歴代足利将軍から厚く外護された。大御堂・鐘楼は重要文化財。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「鑁阿寺」の解説

ばんな‐じ バンア‥【鑁阿寺】

栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山。山号は金剛山。仁王院法華坊と号する。建久七年(一一九六)足利義兼(法号鑁阿)の創建という。開山は理真。足利氏の氏寺として源姓の各氏信仰を集め、花園天皇により勅願寺とされる。足利氏関係の古文書類を多数所蔵。旧称堀内御堂。通称大日堂。「ばんあじ」とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鑁阿寺」の解説

鑁阿寺
ばんなじ

栃木県足利市にある寺。真言宗大日派の本山。金剛山仁王院法華坊。建久7 (1196) 年法華坊鑁阿 (足利義兼) が創建。足利氏の菩提所。寺内に足利学校がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「鑁阿寺」の解説

ばんな‐じ〔バンア‐〕【鑁阿寺】

栃木県足利市にある真言宗大日派の本山。山号は、金剛山。開創は建久7年(1196)、開山は理真、開基は足利義兼(法名鑁阿)。本堂は国宝。通称、大日堂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鑁阿寺」の解説

ばんなじ【鑁阿寺】

栃木県足利市にある真言宗の寺。金剛山仁王院法華坊と号する。1196年(建久7)足利氏の祖義康の四男足利義兼の創建で,義兼は真言宗の教理を示す金剛・胎蔵両界の大日如来の種子(しゆじ)である鑁・阿の2字をみずからの法号とし,寺名ともした。本尊は胎蔵界の大日如来で,胎内先祖伝来の金剛界の大日如来を納めたという。高野山に模した堂塔には丹朱を塗ったので,赤御堂と称され,大日堂や堀内大御堂とも呼ばれた。鑁阿の甥泰氏は証阿と号し,境内の外で北東西にそれぞれ4ヵ寺を建立し,西の千手院を学頭とし,高野山や根来(ねごろ)のを招いて住まわせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android