足恭(読み)シュキョウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐きょう【足恭】

すうきょう(足恭)

すう‐きょう【足恭】

[名](スル)《「論語公冶長の「巧言、令色、足恭なるは、左丘明これを恥づ」から。「足」は度が過ぎること》過度にうやうやしいこと。また、おもねること。しゅきょう。すきょう。
「中下等の人に対して―することにはあらず」〈十善法語・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅきょう【足恭】

〔「しゅ」は漢音〕

すうきょう【足恭】

〔論語 公冶長
度が過ぎてうやうやしいこと。おもねり、へつらうこと。すきょう。しゅきょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android