コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足恭 シュキョウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐きょう【足恭】

すうきょう(足恭)

すう‐きょう【足恭】

[名](スル)《「論語」公冶長の「巧言、令色、足恭なるは、左丘明これを恥づ」から。「足」は度が過ぎること》過度にうやうやしいこと。また、おもねること。しゅきょう。すきょう。
「中下等の人に対して―することにはあらず」〈十善法語・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅきょう【足恭】

〔「しゅ」は漢音〕

すうきょう【足恭】

〔論語 公冶長
度が過ぎてうやうやしいこと。おもねり、へつらうこと。すきょう。しゅきょう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone