巧言(読み)こうげん

精選版 日本国語大辞典「巧言」の解説

こう‐げん カウ‥【巧言】

〘名〙 ことばを飾って、みに言うこと。言葉が巧みで実意のないこと。口先だけがうまいこと。また、そのことば。佞弁(ねいべん)巧語
※続日本紀‐宝亀一〇年(779)一一月乙亥「又不筑紫。巧言求便宜。加勘当更然
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「汝已に礼を失ひ巧言以て逭れんと欲す」 〔詩経‐小雅・巧言〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巧言」の解説

こう‐げん〔カウ‐〕【巧言】

巧みに言い回した言葉。口先だけでうまく言うこと。「巧言に惑わされる」→巧言令色
[類語]美辞甘言殺し文句

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「巧言」の解説

【巧言】こう(かう)げん

表面を飾ったことば。〔論語、学而〕巧言令色(表面だけよい顔をする)、鮮(すく)なし仁。

字通「巧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android