コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十善法語 ジュウゼンホウゴ

デジタル大辞泉の解説

じゅうぜんほうご〔ジフゼンホフゴ〕【十善法語】

江戸時代の法語集。12巻。慈雲尊者飲光(おんこう)著。十善戒の意味内容および功徳(くどく)を説いたもの。口語体文語体の2種があり、口語体本は文政7年(1824)刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぜんほうご【十善法語】

十善戒の内容とその功徳を説いた書。一二巻。1775年、慈雲著。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十善法語
じゅうぜんほうご

江戸時代の仏書。12巻。正法律(しょうぼうりつ)の開祖慈雲(じうん)(飲光(おんこう))の主著。義文尼(ぎぶんに)(大蔵丞(おおくらすすむ)の娘)、慧琳尼(えりんに)(桃園(ももぞの)天皇第2皇子伏見(ふしみ)親王の保母)の請(こい)により、1773年(安永2)から75年にかけて、慈雲が毎月8日、23日に講じた法語をまとめたもの。その主旨は、十善(身(しん)・口(く)・意(い)の三業(さんごう))によるいっさいの生活活動が、正法の理に順ずるとする十善の戒相(かいそう)、およびその功徳(くどく)について説かれており、明治仏教に与えた影響は大きい。この法語には口語体本(1824)と文語体本(開刻年代未詳)の2種類があり、口語体本は『日本大蔵経(だいぞうきょう)』第15巻、『慈雲尊者全集』第11巻に、文語体本は同全集第12巻に収録されている。[池田英俊]
『出口常順・平岡定海編『仏教教育宝典2 聖徳太子・南都仏教集』(1972・玉川大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

十善法語の関連キーワード醇厚・淳厚人となる道不器量慧琳尼十善奉行天気伏蔵癘鬼封境清平大義足恭

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android