十善法語(読み)じゅうぜんほうご

日本大百科全書(ニッポニカ)「十善法語」の解説

十善法語
じゅうぜんほうご

江戸時代の仏書。12巻。正法律(しょうぼうりつ)の開祖慈雲(じうん)(飲光(おんこう))の主著。義文尼(ぎぶんに)(大蔵丞(おおくらすすむ)の娘)、慧琳尼(えりんに)(桃園(ももぞの)天皇第2皇子伏見(ふしみ)親王の保母)の請(こい)により、1773年(安永2)から75年にかけて、慈雲が毎月8日、23日に講じた法語をまとめたもの。その主旨は、十善(身(しん)・口(く)・意(い)の三業(さんごう))によるいっさいの生活活動が、正法の理に順ずるとする十善の戒相(かいそう)、およびその功徳(くどく)について説かれており、明治仏教に与えた影響は大きい。この法語には口語体本(1824)と文語体本(開刻年代未詳)の2種類があり、口語体本は『日本大蔵経(だいぞうきょう)』第15巻、『慈雲尊者全集』第11巻に、文語体本は同全集第12巻に収録されている。

[池田英俊]

『出口常順・平岡定海編『仏教教育宝典2 聖徳太子・南都仏教集』(1972・玉川大学出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「十善法語」の解説

じゅうぜんほうご ジフゼンホフゴ【十善法語】

慈雲尊者飲光(おんこう)が十善戒の意味内容および功徳を、多くの典籍を引用しながら親しみ深く説いた法語。一二巻。安永二年(一七七三)から翌年にかけて京都阿彌陀寺で定期的に講義されたものが、同四年にまとめられたものという。口語体本・文語体本の二種がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android